みよし鍼灸治療院ブログ

ここでは「ケアマネジャー(介護支援専門員)の利用方法」と「ケアマネジャーを上手に選ぶポイント」について紹介します。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の利用方法

ケアマネジャーは、介護支援専門員ともよばれ、たいていは、在宅介護支援センターや介護サービス提供事業者、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設などの介護支援事業者に所属しています。

みよし鍼灸治療院は、岸和田・貝塚市・和泉市・泉大津市・忠岡町(大阪)の訪問鍼灸・在宅ケアです。

指定介護支援事業者の一覧表が市町村ごとにありますから、そのリストからケアマネジャー(介護支援専門員)を利用することになります。
良質な介護サービスを受けるためには、しっかりとした専門知識をもったケアマネジャー(介護支援専門員)を選ぶことが重要です。

みよし鍼灸治療院は、大阪府のケアマネジャー(介護支援専門員)です。

ケアマネジャーを上手に選ぶポイント

ケアマネジャーを上手に選ぶポイントとしては例えば以下のような項目があります。
●介護利用者の話を丁寧に聞いてくれそうか 
●問題解決を一緒にしようとする態度が感じられますか
●介護利用者の希望とケアマネジャー(介護支援専門員)の意見とが異なった時に、十分に話し合おうと努めてくれるか 
●別居している家族や役所、民生委員などに連絡など、いざ必要な時にこまめに動いてくれそうか 
●ケアマネジャー(介護支援専門員)としての考え方やケアプランの各サービスの目的をきちんと説明してくれるか 
●作成してくれたケアプランのなかに、利用者にとって有意義な、介護保険サービス以外のサービスも計画されているか 
●サービス開始後も時々訪問したり、電話で様子を尋ねてくれそうか 
●ケアマネジャー(介護支援専門員)と訪問看護やホームヘルパーのいうことに食い違いはないか 
●サービススタッフや役所とのあいだにたって、介護利用者の生活全般において責任をもってくれそうか 
●サービスに問題があったり、状況が変化した時にケアプランの変更等を柔軟対応してくれそうか

みよし鍼灸治療院では、ケアマネジャーとしての強みと、鍼灸師としての強みを生かして、患者様に合った最短の治療法を施術させて頂きます。

介護保険の利用の仕方

「介護保険制度制度」は、介護利用者からの申請にもとづいて提供される介護サービスです。つまり、介護サービス利用者が主体となって、介護サービスを選択し、利用することが基本です。

そのため、介護サービスを利用する人は、介護保険制度と介護に対する正しい知識が必要になります。
介護保険制度は、利用者が主体的に利用する制度だという認識を持つことが、介護保険制度を上手く利用するコツです。

介護保険について、ご質問のある方は、お気軽に「みよし鍼灸治療院」までお問合せ下さい。